FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

会社更生法が適用された企業はどうなるの?

会社更生法が適用されると、「更生計画」を策定、経営陣の退陣などが必須となります。
人員整理・ボーナス削減などは「更生計画」などに盛り込まれ、妥当性があれば裁判所より「会社更生法の手続き」が確定し、始めて「会社更生法」が適用されます。

適用されると、ある一定の条件のもと「DIPファイナンス」「DDS」「DES」などの融資を受けることができるため、運転資金が確保され会社を存続させることができます。

ただし、会社更生法は「株式会社」のみに適用されるなど、おなじ「再建型の倒産手続き」である「民事再生法」と比べると、やや厳しめの内容となっています。もちろん「民事再生法」にはない、会社更生法の「特例措置」もあるので、「民事再生法」をとるか「会社更生法」を取るかは、その企業次第です。

「特例措置」
①民事再生法の再生計画が原則3年で遂行されることを目的としているのに対し、会社更生法は更生計画が遂行確実になるまで手続きが続く。
②民事再生法では「会社分割」「合併」などは再生計画に盛り込むことができない(別途、会社法上の手続きが必要)のに対し、会社更生法では更生計画」に盛り込むことができる。
などなど

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://shingo14.blog46.fc2.com/tb.php/65-e0cc9091

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。