スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

人間万事塞翁が馬

人間万事塞翁が馬
にんげんばんじさいおうがうま
 
意味  幸福や不幸は予想のしようがないことのたとえ。
例文  怪我をしても悲しむことはないさ。人間万事塞翁が馬というじゃないか。
saiou.gif

sennin.gif
解説
ある日、とりで(塞(さい))に住むおじいさん(翁(おう))の馬が逃げてしまったのじゃ。
「これが幸福のもとになるかもしれん。」とおじいさんは近所の人に言ったのじゃ。
その言葉どおり、逃げた馬が、名馬を連れて帰ってきたのじゃ。
「これが禍(わざわい)のもとになるかもしれん。」とおじいさんは近所の人に言ったのじゃ。
その言葉どおり、その馬に乗ったおじいさんの息子が、落馬して骨を折ってしまったのじゃ。
「これが幸福のもとになるかもしれん。」とおじいさんは近所の人に言ったのじゃ。
その言葉どおり、その後、戦争がありましたが、おじいさんの息子は、足が悪いため戦争に行かずにすんだのじゃ。
「人間万事(にんげんばんじ)」は、この世のすべて、「塞翁(さいおう)が馬」は、とりでのおじいさんの馬という意味じゃ。
つまり『人間万事塞翁が馬』とは、この世のすべてのことは、塞翁の馬の話のように、幸福や不幸は予想のしようがないという意味なんじゃ。短く『塞翁が馬』ともいうのじゃ。

コメント
(何かうまくいかない事があってもこの言葉を思い出してがんばろう。)

| 勇気が出る言葉 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://shingo14.blog46.fc2.com/tb.php/171-b55fb693

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。