FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

株式会社と有限会社の違い(記事より)

最も大きな違いは、株式の公開や社債発行により市場から資金を調達できるのが株式会社。
これができなくて小規模なのが有限会社。
その他にも、手続きが簡略化されていたり、役員が1人でよい有限に対して最低4人必要な株式会社。
社員の数も有限は50人まで。

ただし、会社法の改正によって現在では有限会社は設立できません。
旧有限会社も株式会社に自動的に移行しますが、名称だけは有限会社を名称内に残さなければなりません。

有限のメリットは、資本金が最低1,000万円の株式会社に対して300万円でよかったため、設立が比較的容易だったこと。
法人税が株式会社に比べて安いこと、などがあります。
デメリットは、成長してくるとイロイロと制限があるため足かせとなることくらいですが、ほとんどの中小企業ではあまり関係ありません。

以前は、

有限=小規模
株式=大規模

という図式があったため、信用力で株式会社に対し劣りましたが、今では株式会社を名乗っていても規模は関係ないため信用で劣ることはありません。
むしろ、法改正後に新規で簡単に興された会社ではないため、小規模であるほどに継続した事業をしている会社という意味で信用力が付きます。

有限会社が欲しければ、今は休眠会社を買い取るくらいしか入手方法はありません。



| 経済用語 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://shingo14.blog46.fc2.com/tb.php/137-b143d077

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。