スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

Q19:派遣社員として就職。でも正社員になりたいです。 (総合ビジネスの記事より)

派遣から正社員になりたいという悩みはよく耳にする。確かに正社員には「安定」というメリットがある。でも正社員だからこそのデメリットもあるんだ。それらを踏まえた上で、キミが最終的には何を大事にするかだと思う―。いまさら聞けないカイシャのあんなことやこんなこと。“楽天的キャリアナビゲーター” 前川タカオさんがズバリお答えした内容です!

A19:安定より、仕事の中身を覚悟してからだよ。

 ふーむ。キミのような悩み、よく寄せられるんだ。派遣なら仕事内容と勤務時間が決まっててやりやすいという人もいるけどね。でも、やっぱり安定してて、自分の居場所となる場所を見つけたい、そのためにもう一度正社員へチャレンジしたい気持ちもよくわかる。悩ましいな。

 ちなみに、キミのように派遣形態で働く人たちはここ10年ほどで急速に増えてきてるんだ。雇用者(役員は除く)に占める派遣社員の割合は、2000年に0.7%だったのが、2006年には2.4%と3倍以上もシェアが伸びてきてる。

 現在働いてる人のうち、派遣に加えて契約、嘱託、パート・アルバイトなど正社員以外の人を束ねた比率は、もう正社員比率とほぼ半々まできている。リクルートワークス研究所の予測やと、「正社員時代は2010年までに終息する」。時代の大きな流れとしては正社員への道は険しくなりそうだ。

 この10年で、企業は正社員が固定人件費となって、業績に関わらず重くのしかかるコワさを思い知った。少なくとも、その記憶が鮮明に残っている人たちが採用の決定権を持っている間はそうカンタンに若手というだけで採ってくれない。採りたいけど、厳しい採用基準を満たさなければ採らないのがホンネだ。
これらを理解したうえで、正社員転職をめざすかどうかは、キミが何を大事にするかしだいだと思う。確かに正社員なら派遣社員として働くより安定している側面はある。でも、それだけを求めて転職活動するのはキケンだ。変化の激しい時代だし、正社員として入社した会社がずっと安泰とは限らない。

 いつ他の会社と合併したり吸収されたりするかわからない。もしかしたら倒産することもあるかもしれない。そういう意味では、どこに正社員として転職しようが、絶対的な安定はないと思っていたほうがいいんだ。むしろ、正社員として転職するからには、その会社のコア業務の推進者になる覚悟がいる。

 その覚悟が持てるなら、正社員への転職活動、応援するよ。正社員として学べることも多いと思うしね。覚悟ができて、挑戦するキミには少し心構えを指南しておこう。まずキミは既に社会人デビューしているということを忘れちゃいけない。ということは、就職ではなく、転職だということだ。

 就職ガイダンスからはじまる学生時代の就活のようにみんな横一線で活動するわけじゃない。OB訪問や会社説明会も公式行事じゃない。求人情報の検索から面接のダンドリなどのスケジュール設定も、すべてキミしだい。第二新卒という言葉もあるけど、転職であることには変わりないんだ。

 ただし、転職といっても、キミの世代なら即戦力となる才能が無ければダメというわけでもない。転職を希望する会社や仕事内容をしっかり研究し、どれだけ転職に意欲を持っているかが重要なんだ。コア業務を担う人材とは会社のDNAを受け継ぎ、粘り強く仕事に取り組む人材。そのためにもまず意欲だ。

 就活でも勘違いしがちなんだけど、さすがに会社は転職後すぐの即戦力化は期待してない。ただ就活と違うところが一点だけある。それは、ヒューマンスキルなど社会人の基礎能力が身についているかなんだ。会社も転職者にそこまで教育する余裕はないからね。スキルを身につけやすい派遣社員のうちに意識してつけておこう。

| 就職 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://shingo14.blog46.fc2.com/tb.php/100-54fe53fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。