FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

悪魔のような上司の対処法 あるヤフーの記事より抜粋

おもしろい記事を見つけたのでアップします。↓

あなたのすることなすことにケチをつけ、挙げ句は人格まで否定する――。上司を選べない我々サラリーマンは、常に「悪魔の上司」に遭遇する可能性を秘めている。そんな時、どうしたらいいか。

「雑多な人間の集合体が企業です。気に入らない上司もいる。まずは耐えて仕事に邁進すること。着実に仕事をこなしていれば、組織は成果を挙げる人材を疎んじません」 

だがそんなレベルじゃない悪魔の上司は存在する。パワハラ&セクハラ常習上司、仕事の成果を認めてくれないばかりか、さらに嫌がらせをする上司。何せ、〈悪魔とは、あなたの心を滅ぼす可能性を持った人間なのである〉(『ゆれるあなたに贈る言葉』より、以下同)。耐えるには限度がある。

「上司だからといって、あなたより人間性が豊かなわけではない。壊れているかもしれない。判断基準は、『時間量』です。まずは次の人事異動の時期まで、耐えられるかどうか。それでも事態が変わらないというならば、取るべき行動はひとつ。逃げる! ことです」〈その上司の手の届かないところ、同じ空気を吸わなくて良い場所に行ってしまえばよいのである。現在あなたのいる部署が希望の部署であったとしても、自分自身が駄目になるよりずっといい〉

「私もNHK時代、何人もの悪魔の上司に遭遇しました。私はしかし、徹頭徹尾、戦ったのです。最初はモチベーションも上がりましたが、そのうちに泥沼に陥った。結果、身心はズタズタになりました。人事に手を加えられることまでありました。だったら逃げるしかないのです」 

企業内には様々な職場があり、新天地での成功の可能性に賭ける。「逃げる」ことは恥ずべき行為ではない、と今井氏はアドバイスしている。
スポンサーサイト

| 就職 | コメント(0)

ガスの検針員について 2ちゃんねる情報

基本一人で家々まわってメーター調べるだけらしい
ただ検針器具を背負って歩き回るので体力がいることと
メーターの場所が意外と見つかりにくいところにあったりが大変なんだと
あと雨の日も外回りなのがきついそうだ

| 就職 | コメント(0)

キャリコネ

キャリコネというサイト、知ってますか?
企業の口コミ情報が手に入ります。2chや転職会議のように役に立ちますよ。


| 就職 | コメント(0)

求人検索サイトのキャリアジェット 利用してみてください



| 就職 | コメント(0)

京セラ稲盛会長の言葉 ☆明るく前向きに努力することが大事☆←反省させられ、元気づけられました。

ph_topproject_vol12_01.jpg

若いみなさんにまず知っておいてほしいこと。それは、人生というのは、思うようにはならないということです。こんなことを言っても、まだよくわからないかもしれません。でも年を取って、過去を振り返ってみて、そうやって初めてわかることもある。だからこそ、私は若い人に教えておいてあげたいんです。人生は、思うようにはならない、と。そして思うようにならないことに直面したとき、そのことを肯定してほしいんです。

就職活動が始まって、希望した会社に採用される人もいるでしょう。一方で、残念ながらそうでない人もいる。もしかすると就職が決まらない人も出るかもしれない。しかし、うまくいかなかったからといって、決して悲観しないでほしい。一見、不幸に見えることも、実はそれが本当の不幸とは限らないからです。それも自分の人生だと受け入れて、与えられた環境のなかで前向きに明るく必死に生きていく。これが一番大事なんです。そうやって努力を重ね、真摯に生きていくことが人生というものを形作っていきます。その意味では、むしろ逆境のなかから這い上がっていく立場になったほうが、大きな収穫を得られるのかもしれません。私の人生がまさにそうでした。

中学受験に失敗し、結核を患い、空襲によってすべてを失い、ようやく故郷・鹿児島の地元大学に入ったと思ったら、就職すらままなりませんでした。大学では勉強もし、成績も良かった。これなら、いい会社に入れると誰もが言ってくれた。ところがうまくいかなかった。折しもの大不況で行くところがなくて、先生がかわいそうに思って、ようやく見つけてくれたのが、京都の松風工業という碍子(がいし:電線を支持して絶縁させるために取り付ける磁器などでできた絶縁体の器具)を作っている会社でした。これが大変なボロ会社で、まさに今にもつぶれそうでした。会社は赤字、労働争議は頻発、給料はいきなり遅配する。同期入社した大卒5人のなかから、1人辞め、2人辞め、その年の年末にはとうとう私1人になっていました。

私の人生はどうして何をやってもうまくいかないのか、と思い悩みました。しかし、もう不平不満をぶつける相手もいない。そこで私は1人になって、考え方を変えたんです。いつまでも世間を恨んでいても仕方がない。希望を捨てないで、すばらしい未来があると信じて、仕事に打ち込んでみよう、と。

入社して最初に配属されていたのは、当時まったく新しい分野だったファインセラミックスの開発でした。大学の専攻とは違った分野でしたが、とにかく研究に没頭しようと決めました。研究環境は決して恵まれたものではありませんでした。満足な実験装置もなかった。それでも頑張れと自分を励まし、寮からなべ、かま、布団、七輪まで研究室に持ち込んで、朝から晩まで実験三昧の毎日を送りました。

すると不思議なことに、すばらしい実験結果が出てくるようになったのです。1人取り残され、心の持ちようを変えた瞬間、私の人生は転機を迎えました。人生の明暗を分けたのは、運不運ではなく、心の持ちようだったのです。その後、研究していた新材料の開発とその事業化に成功しましたが、やむを得ぬ事情により会社を去ることになりました。しかし、起業を支援してくださる方々が現れ、新しい会社を創業していただきました。後に売り上げが1兆円を超えるような会社を自分で作ることになるなど、当時は想像すらできなかったことです。

もし就職がうまくいっていたらどうだったか。それなりに頑張ったかもしれない。でも、逆境のなかで這い上がってくるほどには頑張らなかったでしょう。いい会社に就職できた自分に満足してしまい、今ほど納得のいく人生が送れなかったかもしれません。

人生は不思議なものです。スタート時に差がある、と思っていたら、そんなことはまったくなかった。むしろ私は結果的に、自分の境遇に感謝するようになりました。だから、みなさんも将来どんな境遇になっても、まずはそれを肯定してほしいのです。そして、明るく前向きに努力することが大事だと、私は伝えたいんです。就職がうまくいったか、いかなかったか。そんなことに一喜一憂することはありません。うまくいっても、うまくいかなくても、ここからが始まりなのですから。

ph_topproject_vol12_02.jpg

| 就職 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。