FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

株式会社と有限会社の違い(記事より)

最も大きな違いは、株式の公開や社債発行により市場から資金を調達できるのが株式会社。
これができなくて小規模なのが有限会社。
その他にも、手続きが簡略化されていたり、役員が1人でよい有限に対して最低4人必要な株式会社。
社員の数も有限は50人まで。

ただし、会社法の改正によって現在では有限会社は設立できません。
旧有限会社も株式会社に自動的に移行しますが、名称だけは有限会社を名称内に残さなければなりません。

有限のメリットは、資本金が最低1,000万円の株式会社に対して300万円でよかったため、設立が比較的容易だったこと。
法人税が株式会社に比べて安いこと、などがあります。
デメリットは、成長してくるとイロイロと制限があるため足かせとなることくらいですが、ほとんどの中小企業ではあまり関係ありません。

以前は、

有限=小規模
株式=大規模

という図式があったため、信用力で株式会社に対し劣りましたが、今では株式会社を名乗っていても規模は関係ないため信用で劣ることはありません。
むしろ、法改正後に新規で簡単に興された会社ではないため、小規模であるほどに継続した事業をしている会社という意味で信用力が付きます。

有限会社が欲しければ、今は休眠会社を買い取るくらいしか入手方法はありません。



スポンサーサイト

| 経済用語 | コメント(0)

72の法則

『 資産倍増を計る為に役に立つ法則 』です。

つまり・・・
手元資金が100万円あったならば、運用利回りでどのくらいの期間で200万にする事ができるかわかる法則なのです。

計算の方法は、到って簡単です。

例えば・・・年利2%であれば、こういう式に当てはめられるのです。

■ 72 ÷ 2 = 36年

という訳で、100万円の手元資金を200万にしようと思ったら
年利2%の運用だったら、36年かかるという事です。

だから・・・
これが、例えば、今の銀行の預金金利だったらどうなるかと言うと・・・

今、だいぶ預金金利が高くなって、金利が0.1%ですから、
これをこのまま72の法則の公式に入れてみます。

そうなると・・・

■ 72 ÷ 0.1 = 720年!?

はい!預金金利0.1%で運用し続ければ、預金資金が倍になるまでに720年かかります・・・

| 経済用語 | コメント(0)

コンプライアンス

企業が法令を遵守して活動することを意味する。不正経理、不当表示、賄賂などの防止に欠かせない行動規範。

| 経済用語 | コメント(0)

有価証券

財産的価値のある権利の請求権を示す証券の総称。証券取引法では国債、社債、株券、投資信託、コマーシャルペーパーなどと定義している。

| 経済用語 | コメント(0)

CSRとは?SRIとの違いは? 記事より抜粋

「2003年はCSR元年だった」と関係者の間で言われているほど、急に耳にするようになった、「CSR」という言葉。

「CSR」は、「Corporate Social Responsibility」の頭文字をとった表現です。日本語では一般的に、「企業の社会的責任」 と言われています。

そもそも、CSRには明確な定義はありません。企業に昔からあった、企業理念や経営理念をそのまま置き換えてしまうことも出来ます。企業は今までも、社会に対してさまざまな貢献を通して社会的責任を果たしてきました。製品やサービスを提供すること、雇用の創出をすること、税金を納付して金銭的に貢献すること、メセナ活動を通じた文化・芸術の提供などが挙げられます。

ところで、CSRと似た言葉で、「SRI」という言葉を聞いたことはありませんか?

「SRI」は、「Socially Responsible Investment」の頭文字をとった表現です。こちらは、日本語では「社会的責任投資」 と訳されることが多いようです。

企業に投資する際に、従来型の財務分析による投資基準に加えて、社会・倫理面および環境面から、企業を評価したり選別したりすることです。具体的には、法令遵守や雇用問題、人権問題、消費者対応、社会や地域への貢献などを評価項目とします。

簡単に違いを言い表すと、下記になります。

■CSR=消費者から見た、企業の社会的責任を果たす活動
■SRI=投資家から見た、企業の社会的責任の評価


急にCSRが騒がれだしたワケ
では、なぜ、この数年、CSRが急に注目されるようになったのでしょうか?

前述のように、以前から企業は、社会貢献活動を行なってきました。決して新しい発想だというわけではありません。今までは、企業倫理や法令を守る(コンプライアンス)ことが企業の責任に対しての中心的な考え方でした。


消費者は企業に誠実さを求める
今、CSRでは、より広い意味で社会的責任を位置付けています。企業は事業活動を行なう中で、社会的な公正さや環境への配慮などを通じて係わりのある利害関係者に責任ある行動を取るべきだという考えです。利害関係者とは、消費者、取引先、地域社会、株主、従業員などです。

きっかけは、2001年の米国のエンロン社の不正な経理操作の事件です。経営学修士(MBA)ホルダーのエリート達が起こした不正会計事件、これが企業のあり方を問うコーポレートガバナンス(企業統治)重視の経営を求める機運を高めました。

そして今や、(1)企業のグローバル化(2)環境問題(3)消費者の価値観の多様化がCSRの実現を後押ししています。

それらを具体的に見てみると

(1)企業のグローバル化
・インターネットの普及などにより、企業活動はその国のみならず、グローバルに監視されている。
・企業活動そのものが全世界を舞台にするようになり、社会に与える影響も規模が大きくなった。

(2)環境問題
・1970年代に起こった公害問題とは少々性格が異なり、環境に配慮することが企業の価値という側面を持つ。
・70年代の環境問題がマイナス志向なのに対し、現在の環境問題はプラス志向と考える。
・環境問題に取り組んでいる企業は企業経営そのものが付加価値ととらえられる。

(3)消費者の価値観の多様化
・「良い企業」という評価は既存の価値観ではなくなった。
・商品の価格が多少高価であっても、企業理念やコンセプトを重視してその商品を選ぶ消費者も出てきている。
具体的に何が評価されるか?
理念はだいたい以上のようなことですが、具体的にはどんな取り組みが評価されるのでしょうか? 経済団体の取り組みに目を向けてみましょう。

■経済同友会「第15回企業白書」(2003年3月)
CSRに対する取り組みをチェックする「自己評価ツール」を参考提示
5分野にわたり、110の評価項目。


もはや環境への取り組みは最低限のもの?

(1)市場
(2)環境
(3)人間
(4)社会
(5)コーポレート・ガバナンス

■日本経団連「企業行動憲章」(2002年10月)
10条で構成、CSRの基本憲章とした位置付け。前文に「法令遵守の精神と行動」。第1条で「社会的に有用な財・サービスを安全性に十分配慮して開発・提供、消費者・ユーザーの信頼を獲得」と明記。

さらに、国際基準としてのCSRの標準化に向けた動きも出てきているようです。ISO(国際標準化機構)でも規格の必要性について議論されていますし、OECDでもガイドラインを提示しています。

実際にCSRの理念や行動を取り入れている企業は、花王、松下電器産業、ソニー、日産自動車、リコー、キヤノン、イトーヨーカ堂、大和証券グループ本社、損保ジャパン、住友信託銀行、東京電力、などと業種も多岐に渡っています。

CSRに取り組んでいる企業は、徐々に増えてきています。その姿勢から、消費者が、企業を選び、結果、その企業の商品やサービスを選択する……そういう時代を迎えようとしているといっても過言ではないと思います。

| 経済用語 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。